剃り残しが多い原因が自己処理脱毛!?


脱毛を自己処理でしている人の多くは、剃り残しに困っているようです。

剃り残しは、特にデリケートゾーンなどに多く見られ、自分自身ではどうしても脱毛しづらい場所に起こってしまいます。

特にデリケートゾーンであるIラインやOラインは、自己処理をするのはとても難しく、肌が、他のどの部分よりも敏感で、柔らかいので、脱毛よって肌が傷付きやすい場所です。

従って、自己処理をするには十分な注意が必要となります。

更に、Iラインはカミソリなどで剃ってしまうと、怪我の原因になりやすく、この部分に怪我をしてしまうと細菌などの影響で、色々な肌トラブルなどを起こしてしまう可能性もあります。

よほど慎重におこなわないと、この部分の自己処理は難しいでしょう。

剃り残しも一番多いのがこの部分です。

自分で見える範囲以外は、大抵の場合、剃り残しが出てきます。

Iラインもまた、肌が平坦ではなく、入り組んだ部分にもムダ毛が生えているので、そういった部分に隠れてしまっているムダ毛を剃り忘れてしまったり、もしくは、肌が薄く、デリケートな部分なのでカミソリが直接肌に当たらないように処理をしてしまい、どうしても剃り残しが出てしまうこともあります。

また、Oラインに関しては、自分での処理は見えにくい場所であるため、ムダ毛が残ってしまうケースも多いです。

自分で触りながら、ムダ毛を探しながら、処理をしているような人も、どうしてもこの部分だけは薄くて柔らかいムダ毛などを見逃してしまいがちです。

ですから、ムダ毛の自己処理をしている人でカミソリや脱毛器を使ってはいても、脱毛器は使える肌の部分とそうでない部分との限界もあるし、カミソリにしてもデリケートな部分は剃れなかったり、自分ではムダ毛の生えている場所がきちんと判断出来ていなかったりと剃り残しがどうしても出てしまいます。

やはり自己処理で脱毛をすると剃り残しのリスク、そして怪我や肌トラブルのリスクがあるので、より強い意識が必要です。

公開日:

自分で脱毛する際のお役立ち情報の以下コンテンツもオススメ

サブコンテンツ

このページの先頭へ