VIO部位の知識について

男性も女性も同じようなところに同じような毛が生えています。

もちろん濃い薄いがありますが、その中に「VIO」ラインの毛があります。

脱毛のチラシや広告を見るとVIOと書いてあることが多いのですが、VIOとは何のことでしょうか。

あなたの下半身のこと

VIOとは「Vライン」「Iライン」「Oライン」の三つを指します。
実はこれ、すべて下半身の生殖器周辺のことです。
Vラインはあなたの下半身を前から見たときの足の付け根と生殖器の部分がVの字に見えることからつけられています。
Iラインは下半身を下から見たときにIのラインに見えることから、Oラインはおしりの穴の周辺が丸いことからOラインと呼ばれています。
なんだか下世話な話だなと思われるかもしれませんが、VIOラインのむだ毛に悩む方は多くいらっしゃいます。

毛が濃すぎて好きな人に見せられない

男性も女性も陰毛が濃くて悩んでいるという方はいらっしゃいます。
好きな人ができて、いざ体を合わせることになったときコンプレックスが災いしてうまくいかなくなったという経験を持つ方だっているのです。
VIOラインの脱毛は決して恥ずかしいことではありませんし、多くの人が悩んでいる問題です。

※参考にご覧下さい⇒ VIO脱毛をしてればよかった!アンダーヘアに関する恥ずかしい体験談

病気につながる可能性もある

またOラインのむだ毛は病気につながる恐れがあります。
「おしりの周りにむだ毛なんて生えるの?」と思われるかもしれませんが、きちんと生えてきます。

なぜお尻の毛が生えてくるんだろうと考えている女性
人間の体は皮膚という皮膚から毛が生えてくるように作られていますから、一枚の皮膚でつながったこの体はおしりだろうとどこだろうと毛が生えてくるのです。
おしりの毛はたいてい不衛生なまま放置されていますから、長いままの人は注意が必要です。
「ジープ病」と呼ばれる病気を聞いたことがある方もいらっしゃるかもしれませんが、汚いおしりの周りのむだ毛が周りの皮膚を刺激しその部分が化膿してしまって腫れ上がるという病気です。
痛みが強いためならないに越したことはありません。

恥ずかしくて脱毛できない?

さてVIO脱毛を実践しようと思ったとき最大の障壁に阻まれます。
それは「自分のあそこを見せるなんて恥ずかしくてできない」ということです。
脱毛サロンでは多くのところがVIO脱毛できると歌って広告していますが、それにはきちんとした自信があるからです。
お店側だってお客様が恥ずかしいと思っていると言うことを考えていますから、VIO脱毛に当たるスタッフの教育は入念に行われています。
美容整形外科も同じです。
スタッフに見られて恥ずかしいという思いをあいても知っていると言うことを知れば、自ずと腹をくくることができるでしょう。

お店よりも美容整形外科?

またVIO脱毛は美容整形外科で行った方がよいという意見を耳にすることがあります。
これは一理ある考え方ですが、お店でやってはいけないというわけではありません。
下半身は体の中とつながっている粘膜が多く、その周辺に毛が生えていることからレーザーを当てる際に細心の注意が求められます。
同時に下半身特有の肌トラブルや病気を見つけることがあるため、まとめて治療できてしまう美容整形外科の方がよいという意見があるのです。
ただ、お店でもきちんとレーザーには注意を払っていますし肌トラブルや病気に関しては提携している病院への紹介が行われることが多いためさほど心配する必要はありません。

一歩踏み出すことがVIO脱毛のはじまり

VIO脱毛はコンプレックスを解消できるほどよい脱毛ですが、恥ずかしさが先行してしまう欠点があります。
本当にあなたの悩みを解決したいのであるならば、大きな一歩を踏み出してみませんか?
明るい未来があなたの先に待っているのですから。

参照 VIO脱毛、施術時の体勢は?

VIOの以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ