火傷の心配が無いダイオードレーザー

「レーザー脱毛って痛いんでしょ」

「細かい毛は脱毛できないし」

そんな偏見をお持ちの方こそ必見です。

男性の髭にも使用されるダイオード脱毛についてご紹介します。

ダイオード脱毛って何?

ダイオード脱毛とは、ダイオードレーザーというレーザーを使った脱毛方法です。
レーザー脱毛の中でも、波長の長い光を使用していることが特徴です。

青い光のレーザーをイメージした様子

そのため肌の奥深くにまで光を届けることができますが、一部メラニンにも反応してしまいす。
しかし皮膚組織に影響を与えることが少ないため、肌と毛の色の差が小さい方でも、火傷などの肌トラブルの心配※参考(http://www.news2u.net/releases/24685)がありません。

ダイオード脱毛って何時できたの?

そもそもの始まりはアメリカです。
永久脱毛を可能した画期的な機械として誕生しました。

※参考にご覧下さい⇒ http://cocoro-hihuka.com/gentlelazer1.html

「外国で生まれたっていうことは日本人には合わない?」

そんな心配はありません。
日本人は黄色人種のためメラニンが多いのが特徴です。
ダイオードレーザーはメラニンには一部反応はしてしまうものの、吸収はされにくく火傷をしにくい万能な脱毛機として日本でも根強い人気を誇っています。

メラニンが多くても施術できる

光脱毛の際、必ず断られるのが「日焼け」です。
しかしダイオードレーザー脱毛は、上記でも触れた通りメラニンの多い状態でも施術が受けられます。
これまで日焼けを理由に脱毛を断られた方でも、安心して脱毛が受けられます。

また、これまでは不可能だとされていた産毛の脱毛をも実現させた方法です。
ツルツルの綺麗なお肌を夢見る女性にはとても嬉しい進歩です。

そして脱毛サロンでよくある悩みがスタッフさんのスキルです。
施術の上手い方もいれば、苦手な方もいます。
しかしこの方法ならば照射部分が四角形になっているので、簡単に隙間のない施術が行えます。

ダイオードレーザー脱毛の注意点

唯一の注意すべき点は、ダイオードレーザー脱毛は医療レーザー脱毛の一種だということです。
つまり医療機関でなければ扱うことができない脱毛方法になります。

しかし裏を返せば、それほどの高い効果が期待できるということです。
専門のドクターがしっかりと脱毛をサポートしてくれるため、例え何かトラブルが発生した際でも安心して施術が受けられます。

公開日:2015年7月6日

産毛の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ