剃りきれなかった部分が上手に回避する

ハーフパンツやスカートなどファッションの中には足を出さなければならないものも多く、足のむだ毛処理は結構面倒です。
脱毛を実践したいという方も多いでしょうが、実際にやってみたらどうなるのでしょう?

剃り残しが無くなる美しい足につながる

脱毛を行うことによって得られる最大のメリットは「自己処理では剃りきれなかった部分が、きちんと処理される」ということです。

右足ひざ下の毛の剃り残しがないか確かめている女性
そり残しが残っているとたとえいくら美しい足であったとしても、ちょっと幻滅してしまいますね。
また女性の場合自分ではカミソリを持ちなれていないため、毎度おどおどしながらカミソリを扱っているという方もいらっしゃるかもしれません。
それではいつ足をけがするかわかりませんから、早急に脱毛サロンの利用を考えてみてはいかがでしょうか。

案外痛みを感じやすいかもしれない

一方足の脱毛を行うに当たってのデメリットは「レーザー脱毛だと痛みを感じやすいことがある」ということです。
実はレーザー脱毛は脂肪や筋肉がたくさんついている部分に行っても、痛みを感じにくいものです。
脂肪や筋肉がきちんとクッションになることから痛みを緩和してくれるのです。
しかし足には「足首」というほとんど脂肪も筋肉もついていない、骨と皮膚ぐらいしか無い部分があります。
そこにレーザーを当てるとクッションが無いままであることから、痛みを感じやすいと言われています。
もちろん痛みを感じない人もいますから一概には言えませんが、もしも気になるようであるならば脱毛サロンでは無く麻酔を使うことができる美容整形外科の利用も考えてみてはいかがでしょうか。

使い分けで痛みの少ない快適な脱毛を心がける

美しい足にするために足の脱毛を行うと言うことはおわかりいただけましたでしょうか。
それに伴って痛みを感じやすいというデメリットについては、足首部分だけ美容整形外科を利用するという手だってありますよ。
上手に併用することにより脱毛にかかるお金を抑えることもできますからね。

公開日:2015年7月6日

足(脚)の以下コンテンツもオススメ

このページの先頭へ