至近距離で見られ腕の露出も多くなる

他人からかなりの至近距離で見られる一番の部位が腕です。
毎日のお手入れが大変な上に、肌荒れも気になります。

天然成分配合の基礎化粧品を手に一滴垂らし馴染ませてみる

そこで最近人気の高まっている腕脱毛のメリット・デメリットをご紹介します。

腕脱毛っていつ始めるべき?

暖かくなるにつれて、腕の露出も多くなります。
脱毛の天敵は紫外線です。そのためには、肌を露出しない秋から春先にかけて脱毛を開始することがオススメです。

脱毛の間も長袖のため自己処理の回数が減らせるだけでなく、紫外線から肌を守ることができます。
肌の状態が良いことは脱毛の効果にも関わってくるので、良いこと尽くしです。

その時期には脱毛ラボ高須クリニックでキャンペーンを行っている場合もあるので、費用を低く抑えたい方にも嬉しい点です。

腕脱毛をするメリットは?

腕脱毛の最大のメリットは「自己処理のわずらわしさから解放される」「肌の状態が良くなる」この2点です。

よく腕を露出する夏場には、自己処理の回数も増えてしまいます。
自己処理にカミソリを利用される方が多いのですが、カミソリ負けで肌が荒れてしまい乾燥を引き起こすなど、肌トラブルに繋がります。
腕脱毛をしてしまえば自己処理の手間もなくせ、肌のコンディションも格段に良くなります。

またムダ毛がチクチクと生えていたり、剃り漏れが残っているとだらしない印象を与えてしまいます。そこでムダ毛のない腕は、あなたが周囲へ清潔なイメージを与えることにも繋がっていきます。

腕脱毛をするデメリットは?

腕脱毛は施術時の痛みもないため、メリットの方が断トツに多い部位です。
しかし唯一の何点を挙げるならば、産毛が濃くなってしまう可能性があることです。

もともと腕の裏からには、ほとんど目立つ毛は生えていません。
脱毛の際に刺激を与えてしまうことで「濃い毛が生えてきた」「あきらかに量が増えた」などの声も上がってきます。

脱毛自体のデメリットでもあるのですが、女性の場合は妊娠や出産によるホルモンバランスの変化によって、脱毛箇所にも再度、毛が再生されてしまうことがあります。
ツルツルの肌を目指して脱毛をされる方には、少し不安材料が多くなるので、光脱毛よりも効果の高いレーザー脱毛をオススメします。

施術するほどに格段に減っていきます

多くの脱毛サロンでは、腕の場合5~6回程度でかなり毛が薄くなります。
それで満足される方も多いですが、ツルツルな状態に近づけたい場合は8~12回までコースを追加されます。

個人差もありますが、1年程度で脱毛の効果は表れます。
一刻も早くムダ毛処理から解放されたい方は、1日も早く脱毛を開始することをオススメします。

公開日:2015年7月6日

腕の以下コンテンツもオススメ