日焼けしない時期で腕を上げ続ける

腕脱毛は意外と大変って知っていますか?

何で?と思う人もいるかもしれません。

手首を持ち上げながら綺麗な手を魅了する

別に腕はVIOラインのように痛みがあるわけじゃないし、ワキのように施術中にずっと腕を上げ続ける態勢で疲れる事もありません。

確かにワキや脚ほど毛が濃くないけど、背中や顔ほど薄くもなく適度な毛の濃さがあるので脱毛機器への反応も良好です。

見られて恥ずかしい場所でもありませんし、前日にシェーバーをかけるのも楽な部分です。

それによく目につく場所なので、脱毛の効果も実感しやすいですよね。

ここまで特に腕脱毛が大変そうと思うような場面がなかったとと思っている人もいるかもしれません。

秋冬に脱毛施術をした人であれば、特に何も問題なく施術を終わらせる事ができるでしょう。

腕脱毛の大変さを実感するのは夏です。

夏腕は一番日焼けをしてしまう場所です。

夏になると腕がすぐに黒くなるという人も少なくないでしょう。

脱毛は日焼けは厳禁です。

そのため日焼けしないように日焼け止めクリームを塗って、長袖のシャツを着て日傘をさすなんて苦労をしている人もいます。

そして施術後も長袖のシャツが腕に擦れて痛かったとかかゆみを伴ったというケースもあります。

つまり目につく場所だからこそ気にしないように思っても気になってしまいますし、どんな動作の際にも腕を使わない事はないので動かした時に違和感を持ってしまうのでしょう。

脱毛をしたいと思うのはそろそろ服が薄着になってムダ毛が気になる頃が多いのではないでしょうか?

そうすると初夏で脱毛サロンを選んでいたり、無料カウンセリングを受けている間に夏本番を迎えて脱毛施術がスタートするなんて最悪な状況からのスタートになりかねません。

できれば秋や冬から脱毛エステサロンに通うようにしていけば「腕脱毛は意外と大変なの?」なんてしなくていい苦労もあります。

腕は注意していても日焼けをしやすい場所なので夏に施術していい場所ではありません。

公開日:2015年7月6日

腕の以下コンテンツもオススメ